生活の党 前衆議院議員:三宅雪子(みやけゆきこ)オフィシャルWebサイト
すべての人に公平な社会
お互いをいたわりあう社会
皆に居場所のある社会
生まれてきた環境で子どもの未来を決めてしまってはいけない!すべての希望する人が大学まで進学し、努力次第で公平にチャンスが与えられる...そういった社会を目指します。
2050年には「2.5人に1人が65歳以上」という超高齢社会を迎えます。福祉サービスの充実はもちろん、お互いに声をかけ合い支え合う“助け合いの社会”にしなければいけません。
男性が80.79歳(前年80.50歳)、女性が87.05歳(同86.83歳)と超高齢化を迎えた今、これからは、老後の生活が大切になってきます。高齢者の方を独りぼっちにしないなど、孤独死を防ぐための地域コミュニティーを確立します。
  2019.06.26
ご支援のお願い

皆様

 様々な活動で頑張っています。
 三宅雪子を応援して頂けますと幸いです。

yukiko55.gif

  2019.02.10
「国民投票を知ろう」フライヤーをご利用下さい

この「国民投票を知ろう」のフライヤーをプリントしてご使用下さい。
QRコード付です。

#自民党の憲法改悪反対 #国民投票は公正に

DGFG.jpg

人気ブログランキングへ

◆まぐまぐメルマガ『三宅雪子のこわいものしらず
初月無料 第1・2・4金曜日発行 5つのコラムで構成されています。

  2019.11.13
桜を見る会招待者の推薦名簿保存  ない→ある 省庁にはあった?

桜を見る会招待者の推薦名簿保存と文科相
11月13日 (共同通信)
 
「萩生田文科相は衆院文科委員会で「桜を見る会」の招待者に関し、文科省が過去に作成、提出した推薦者名簿を保存していることを明らかにした。「個人情報が多く、推薦段階の情報でもあり、明らかにできない」と述べた」

内閣府からは「ない」との回答。

各省庁は・・・?「ないわけない」が大方の反応でした。

文科省が「抜け駆け」?なんでしょうか。


  2019.11.13
「桜を見る会」②

安倍晋三後援会は、平成29年度で見ても、代表者は安倍さんでなく他者です。その他の政治団体にチェックされています。(補足)一方、国会議員関係政治団体であり、安倍事務所が届けているとも。これは確認しています。

仮に第2号団体(後援者が推薦する候補のためにつくったもの)であったとしても、「前夜祭」の主催がこの後援会で、収支が記載していなかったとしたら違法である可能性が高いと思われます。

(補足)安倍事務所は総務省と当道府県の選管6つ届け出があったようです。
(安倍晋三後援含む?)

https://openpolitics.or.jp/pdf/350405/2017.pdf

政治家が代表を務めていたら普通はアウトでしょう。今はわかりませんが、2017年度はある業界が安倍さんを推薦(支援)する政治団体もありました。
(当初安倍さん関係の政治団体が8つと言われているのは、そういうものも入れてのようです)

政治団体からの寄付。パーティ収入など。(しかし、前夜祭の記述はなし)

この政治団体住所が安倍事務所と一緒であれば、と収支報告書の代表、会計責任者として連ねている人が安倍事務所の人間であれば、疑惑は深まります。

〒750-0066
下関市東大和町1-8-16 (安倍晋三事務所)
(議員便覧記載以外)安倍事務所はいくつかありその1つと(補足)テレビで報道されている安倍晋三後援会は同じ住所のようです。

  2019.11.12
(インタビュー)立憲民主党 杉尾秀哉参議院議員

「桜を見る会」追及へ。

野党合同ヒアリングが決りました。このインタビューの後、午後第1回目が開かれました

インタビュー(ペリスコープ)
https://twitter.com/miyake_yukiko35/status/
1194070644847067136?s=20


sugiogiin_3.jpg

  2019.11.11
「ハラスメント」指針

労働争議。企業側が労働者の「非」をあげつらうのが、傍聴ではつらい。過重労働や上司のパワハラなどー労働者がミスー上司から激しく責められる(人前または対面で)ー労働者弱るーそして、ミスが増える人増えない人いますが・・・過重労働はいいことはないでしょう。

今は、非正規やフリーの方々の相談窓口も多くありますし、1人で入れる組合もあります。悩んだら相談しましょう。かけがえのない命を落としたり、メンタル不全になる前に。日本労働弁護団(全国1700人)がいます。

ある原告が(訴訟過程で)メンタル不全になったけれど、代理人の労働弁護士の支えや励ましで勝訴したと言っていました。私が労働弁護士らを応援している理由でもあります。
三宅雪子(差別のない社会へ)

問題となっている「ハラスメント」指針は、むしろ「ハラスメント」を増やしかねないもので、問題になっています。「パワハラ」だと、無視、仲間外れ、指導とは名ばかりの罵倒、様々なものがありますが、快適な職場を目指したほうが企業にとっても最終的にプラスでは。

非正規もさることながらフリー(労働者)はさらに立場は弱いので、今回の指針で除外されないことを願います。

  2019.11.10
①マスコミ用語 ②京都市長選挙

この間、あるアカウントが立憲民主党幹部が・・・というツイートを投稿していました。

そして、続けて、その幹部が枝野代表だとして批判。

ちょっと待って。野党幹部は幹事長や政務会長では?自民党幹部の場合、2つに加え総務会長が入ります。


政府首脳は、内閣官房長官か内閣総理大臣(前者が多い)。

政府筋は、内閣官房副長官か内閣総理大臣秘書官。

政府高官は、各省庁局長以上のことが多い。

自民党首脳なら、幹事長で、枝野さんなら、立憲民主党首脳ですね。

う~ん。枝野代表もストレスフルな日々。野党第一党は叩かれがち。

京都市長選挙に、福山和人弁護士が立候補表明。府知事選挙でもめたことを思い出します。

福山和人さんは大善戦。立憲などの推薦(支援)があったら、と野党が割れて非難囂々でした。

今のところ、自公相乗り、よくて自主投票という話です。後者でないと、野党共闘に影響します。

困ったものです。

  2019.11.04
note (英訳)高齢者はなぜネトウヨにはまったか ~弁護士への大量懲戒請求事件 〈連載第3回〉公開しました

「日刊ゲンダイ」誌連載コラム
「高齢者はなぜネトウヨにはまったか」
(2019年4月5日から16回連載) の
第1回分が英訳されました。

noteで無料公開です。

→Why do the elderly
get hooked on netouyo
(online right-wingers) ?
(サポートお願い致します)

こちらから LINK

  2019.10.27
大学入学共通テストへの英語民間試験の導入

2020年から始まる「大学入学共通テストへの英語民間試験の導入」について、この間の初鹿明博議員のインタビューの後、さまざまな方から話を聞きました。

まず「大学入試センター試験」(センター入試)が廃止になり、新しい「共通テスト」2020年から始まります。

国立大学を目指すならこの試験を必ず受験しなければいけません。(私立大学も多く参加)50万人以上が受験する見込みです。

その共通テストの英語科目が現在問題になっています。あらたに民間事業者による英語試験も受けなければいけないためです。高校2年生はまず7種類ある民間試験の中から1つを選んで申し込みをしなければいけません。

高校3年生は、4月~12月までの間にこの試験を2回受けられます。

その結果を民間の英語試験事業者から大学入試センター(大学入試英語成績提供システム)に送られ、それが各大学に送られます。

試験結果の活用方法は大学が決めます。「出願要件にする、しない」「合否判定には使う、使わない」など。この曖昧さも不安要因になっています。

まだ日程や会場も決ってない事業者も多いんですね。そのため現場は混乱しています。

導入のきっかけは「読む・聞く・書く・話すの4技能」で取り入れたいということ。これまでのセンター入試は「読む・聞く」の2つでした。

(問題点)

①民間試験は7種類もあって、それぞれ試験内容、難易度、試験方法、受検料、実施回数が異なります。

②家庭の経済格差が影響します。

これまでは、大学入試センター検定料と志望大学に受験料を払うだけでした。これからは、それとは別に民間試験の受検料が必要になります。受検料は事業者によってかなり違い、一回6000円~2万数千円です。

高校生は最低2回だができたら早くから何度も受けたいと思うでしょう。しかし、保護者の経済には差があります。何度も受けれない受験生もでてきます。(困窮家庭の負担大)

③地域間格差

全国に試験会場がくまなくあるわけではありません。

地域によっては遠方まで出かけて受検しなければいけなくなります。(交通費や宿泊費がかかります)

④スピーキング

採点の公正性の確保が難しい。かつ、話せない(または吃音)など障害や病気がある受験生はどうしたらいいのでしょうか?50万人のスピーキング・テストを公平にやるのは非現実的に思えます。

⑤民間試験でトラブルなどは?もし、トラブルがあったときに適切に対処できるでしょうか?または、その報告はちゃんとされるでしょうか。

⑥利益相反はおきないか。

問題集などの対策本を販売している事業者があります。予備校を経営していたらどうなんでしょう?

高校を会場にした場合。その高校の先生たちが試験監督をすることに問題はないのでしょうか?事前に試験内容を知る可能性はゼロなのでしょうか?

と問題が多いそうなのです。
 

  2019.10.27
(大量懲戒請求事件)佐々木・北弁護士 開示請求通る

佐々木亮弁護士ツイート(10月25日)

<ご報告>
先ほど、余命ブログの発信者情報開示請求で依頼していた代理人の先生から、高裁では逆転勝訴となった旨、ご連絡いただきました。また判決文などが来たらご報告いたします。それにしてもよかったです。これで本丸を相手に諸々動きを作れます。
#大量懲戒請求
#不当懲戒請求

佐々木亮弁護士ツイート(10月26日)

負けた時は報道したのに、勝ったら報道されないのはなぜだろう。変なの。

<負けた時の報道>
https://asahi.com/articles/
ASM4M54S9M4MPTIL00M.html

弁護士懲戒扇動 ブログであおった人物の情報開示請求を棄却 大阪地裁

サーバー会社が大阪市だったんですね。先に小倉秀夫弁護士の情報開示が認められていたので、なぜ却下されたのか当時謎でした。

控訴審で勝ちました。上告がなければ確定します。


  2019.10.24
英語民間試験について~初鹿明博議員インタビュー(立憲民主党)


初鹿議員の指摘

①民間試験が高額(5000円~)

②地域格差(そもそも試験場が少なく遠い)①に関しては、高校3年に2回まで受けられよかったほうとなっていますが、学生は高校1年2年から受けて備えるので、トータルでかなりお金がかかります。予備校や教材の費用もかさみます。

TOEICは参加しません。(試験によって勉強方法は違います。長くTOEICを受けてきた人は英検を受けてきた人より不利になるのでは?)利権についてのご指摘はありました。(確かに(民間の英語試験の)受験者は増え、参考書も売れるでしょう)

反響が大きいので、この件は、また話を伺いたいと思います。この英語民間試験は10月4日の段階で全国の大学・短大の半数超561校が活用(文科省調査)となっており、もし民間試験を受けれなかった人はあとの半数を受験するしかないのか?など疑問だらけ。賛成する要素が全くなく謎が深まります。


英語民間試験の導入延期法案を提出 野党4党など
2019年10月24日


(インタビューをYouTubeに移しました)

https://www.youtube.com/watch?v=pbn9lhAzNcw

hatusika_giin_InPixio.png

  2019.10.24
連合10月定例記者会見に行ってきました

10月24日。

連合の10月定例記者に行ってきました。

私は2番目に質問しました。

この日は残業代の消滅時効や教員の過重労働、そしてパワハラのハラスメント指標などの質問が出ました。


rengou_kanban.jpg
rengou_kisyakaiken_InPixio.png

  2019.10.22
(お知らせ)ネット配信とインタビュー

ネット配信。

配信者がいない!そんなときはお申し出ください。
福祉・雇用含め公益性があると思ったら伺います。
首都圏限定。
当然無償です。6万人フォロワーがいるためペリスコープである程度拡散されます。
セミナーなど声をかけてください。miyake.cal@gmail.com

以前から、ネット配信は大勢で配信するのもいいし(相乗効果)大事だけれど
注目されていない話題や人を取り上げるのも大事だと思っています。
私は後者を優先しています。
この人にインタビューして欲しいというご希望もご連絡ください。

十分な機材がありませんので(購入できたら購入します)、スマホになりますが新しい機種のため映像はクリアです。
(配信を手伝ってくださる方も募集中です)
資金がないけれど、自分に何ができるか考えましたが、今は発信です。
(配信→コラムにするときもあります)

インタビューしたいけれどプロダクションなどに所属していて叶わない方が2~3名。
資金がないので仕方がありません。
リベラル側メディアや発信者がインタビューが「無料もしくは安価」になっていることには以前から申し訳なく忸怩たる思いがあり、最近は気持ちだけでもお礼をする努力をしています。

最近ツイートしていますが、骨を折り6本のボルトが入っている腰が(事情があり)
悪化しています。
そのため、配信は症状をみながらになりますがよろしくお願いします。

  2019.10.21
(大量懲戒請求事件)嶋﨑量弁護士 控訴審

10月21日は、11時から嶋﨑量弁護士の控訴審第1回弁論でした。終結。

傍聴人は1人でした・・・(初めての経験です)

控訴審はおおむね1回で終ります。5~10分。

Image-1.png

  2019.10.18
(大量懲戒請求事件)横浜地裁~複数訴訟~

10月18日。横浜地裁は期日ラッシュ。嶋﨑弁護士原告のものです。

「本日午後、横浜地裁で原告私の期日多数でした(複数訴訟が同一時間帯設定)。傍聴席はほぼ満員。私が傍聴席を見渡すと、皆さんから睨まれるのは気のせいでしょうか...
被告の皆さんから、私が懲戒請求書を偽造したのだという主張が展開されてます。お疲れさまです」

この「懲戒請求書を偽造」については、余命ブログで今までも主張されてきたもの。手続き上のことであり、仮に受領した側(例、弁護士会)が記入したところで「偽造」になるのかどうか。
·
「懲戒請求書を空欄で提出したのに、同一筆跡で日付が記入されたものが証拠で出されている」(要旨)この主張。この点で、私は被告として計1億円請求する訴訟も提起されています。私は届いた懲戒請求書を証拠にしているだけで真相は知りませんが、争点たり得ないのは明白」

この事実確認はさほど難しくないようには思いますが、どうでしょうか。専門家たる弁護士側が、すぐにわかるような「偽造」をするかどうか、少し考えたらわかりそうなもの。

  2019.10.18
台東区ホームレス拒否問題

台東区ホームレス拒否、「国民の生命より住民票に固執」は憲法違反の可能性も

(弁護士ドットコム10月17日)

https://www.bengo4.com/c_23/n_10256/

miyake_yukiko35をフォローしましょう

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0073 東京都港区三田3丁目4番3号RIPL9
Tel.080-4966-8838
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター